おゆまるを使ってシリコンモールドを作る方法

daiso

レジンを使ってアクセサリーなどを作る人は多いと思います。

そんな時に便利なのが、シリコンモールドです。

シリコンの型にレジンを流し込んで、LEDライトなどで硬化するだけで簡単にオリジナルのアクセサリーが作れますね。

百均などでも売っています。

この型を自分で作ることが出来るって知っていましたか?

おゆまるという子供が形を作って遊ぶ道具があるのですが、それを使って型を作る事が出来るのです。

おゆまるとは・・・ポリエチレン樹脂を80度以上のお湯に入れると柔らかくなって、好きな形に成形することができるもの。(写真はおゆプラとなっていますが商品名が違うだけで同じです。)

これを使って好きな型を作っていきたいと思います。

用意するもの

  • おゆまる
  • 型をとるもの
  • 80度以上のお湯
  • お湯を入れる器(耐熱容器など)
  • 割りばしなど

金属やプラスチックなど硬さがあるものなら何でも出来ます。

そして、硬さがあれば可愛い形のラムネとかでも出来るのでは・・・と思い、今回はラムネの型を取っていこうと思います。

こちらは米津玄師さんのライブグッズのラムネです。

とても可愛くて封を開けずに飾っていたのですが、賞味期限もあるしそのまま飾っておいて変色しても悲しい・・・

でも食べたらなくなってしまうし・・・と。

お菓子なのでずっと取っておくことも出来ないので、型を取ってレジンで作ってみることにしました。

それでは作っていきます。

おゆまるを温める

耐熱容器に80度以上のお湯を用意して、そこにおゆまるを入れて3分程度待ちます。

お湯に入れるとすぐに柔らかくなり始めますが、ここでしっかりと柔らかくしておいたほうがすぐに硬くならず扱いやすいです。

おゆまるが柔らかくなったら取り出して、水気を取ります。(ゆっくりやっていると冷えて硬くなってきてしまうので出来るだけ素早くやるのがコツです。)

柔らかいうちに型をとるものに押し付けて、型を取っていきます。

この時、素早く型を取るもの全体に覆いかぶさるようにして、まわりも整えていくと綺麗に仕上がります。

もしもおゆまるが硬くなってきてしまったり、上手く型が取れなかった場合はもう一度熱いお湯に入れるとやり直せます。

(左→上からかぶせたとこ、右→裏返したとこ)

おゆまるが冷めたらラムネを外します。

意外と細かい模様までしっかりと型が取れます!!

これで型取りは完成です。

おゆまるの扱い方さえ慣れてしまえば、型を取るのは簡単に出来ます。

しかも型を取ったおゆまるも、また熱いお湯につければ他の型を取るのに使えますので、無駄にならず色々使えてとても便利ですね。

次はおゆまるで作った型を使って、実際にレジンでラムネを作ってみました。

今回は透明のレジン液にパステルで着色しました。

LEDライトで硬化中・・・

こんな感じで細かいところまでしっかり模様がつきました!!

こんなにきれいに模様まで取れると思わなかったのでちょっとびっくりです。((笑))

他のも型を取って作ってみました。

いっぱい作って小瓶などに入れて飾ったら可愛いですね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました